2016年01月19日

「西日本新聞」(2016年1月10日朝刊)に『犯罪の世間学』の書評が掲載されました。

「西日本新聞」2016年1月10日付朝刊の「九州の本」のコーナーに、『犯罪の世間学』の書評が掲載されました。

内容は以下の通りです。

 「「世間」をキーワードに現代社会を分析している著者が、近年の犯罪や事件を読み解く一冊。
 著者によれば、「世間」とは「日本人が集団になったときに発生する力学」で、「個人の消去」や「高い同調圧力」「贈与・互酬の関係」「排除と包摂」などの特徴を持つ。
 それらを踏まえて著者は、なぜ日本の犯罪率が先進工業国中最も低い水準にあるのか? 犯罪加害者の親や親族が早急な謝罪を求められるのはなぜなのか? 1990年代末以降、日本で犯罪の厳罰化が急速に進んだのはなぜか?といった問題を考察。これらの諸現象の背後に、新自由主義の浸透と拡大、そして後退していた「世間」の復活を指摘する。
 著者は九州工業大名誉教授で、専門は刑事法学。秋葉原無差別殺傷事件、「黒子のバスケ」脅迫事件、佐世保高一女子同級生殺害事件を「世間」から解析する章も興味深い」。

http://www.nishinippon.co.jp/nlp/book _kyushu/article/217549
posted by satonaoki at 14:40| NEWS

「出版ニュース」(2016年1月上・中旬号)の「今年の執筆予定」に文章が掲載されました。

「出版ニュース」(2016年1月上・中旬号)の「アンケートによる今年の執筆予定」に、以下の文章が掲載されました。

「二〇一五年一二月に、やっと『犯罪の世間学−なぜ日本では略奪も暴動もおきないのか』を青弓社から
上梓することができた。ここ五年ぐらい「出します、出します」と公言し続けてきたので、これで「狼おじさん」にはならずに済む。内容は、日本では「世間」がいかに用意周到に日本人を、津々浦々にわたって支配し、その結果世界に冠たる自殺率の高さと、犯罪率の低さを誇ることになった、というお話である。
 二〇一六年には、一五年に引き続き、北海道新聞の「各自核論」に不定期で執筆予定。昨年ネットの「イミダス」でも三回にわたり、ミス・ユニバース問題やオリンピック・エンブレム問題などで発言してきたので、今年も「世間」をテーマに時事問題について発言を続けたい」
posted by satonaoki at 14:20| NEWS