2016年07月24日

「北海道新聞」(2016年7月23日)に「義援金バッシング」がのりました。

 「北海道新聞」(2016年7月23日)の「各自核論」に、「義援金バッシング」が掲載されました。熊本地震のさいにネット上で「不謹慎狩り」がおこなわれ、タレントの紗栄子さんが義援金を出したことを公表したところ、これにたいして批判が噴出した問題をめぐって、日本ではなぜこのような不可解なバッシングがおきるのかを、世間学の視点から考えたものです。
 内容は以下の通りです。

      「出る杭」を超える勇気を−義援金バッシング

 4月の熊本地震のさいにタレントの紗栄子さんが、熊本県あてに約500万円の義援金を出したことを、振込受付書の写真を掲載して自身ネット上の写真共用アプリ「インスタグラム」で公表した。ところが、である。それにたいしてネットでは、一部から「わざわざ投稿する必要ないと思いますけど」「金額を言うのは下品」「偽善と売名のにおいがする」といった批判が噴出した。
 批判が匿名であるためにネットは無法状態となり、頻繁にこうした炎上がおきるようになっている。だがアメリカあたりだと、例えばマイクロソフト元会長のビル・ゲイツ氏は、財団までつくって巨額の支援や寄付を全世界におこなっていて、それが批判されることなどありえない話である。日本だと、なぜこのように不可解なバッシングがおきるのか。
 これで思い出したのは、以前にあった「タイガーマスク運動」である。「タイガーマスク」の主人公の伊達直人を名のって、2010年12月に前橋市の児童相談所にランドセルが贈られたのがきっかけとなり、それが翌年にかけて全国に連鎖的に拡大した。思うに、「タイガーマスク運動」がこれ程までに全国に広がったのは、その寄付のほとんどが、「伊達直人」などの匿名でおこなわれたからである。
 だとすれば、今回紗栄子さんがネットで叩かれたのは、彼女が具体的に金額を公表し、実名で寄付をおこなったからだ、と考えるしかない。
 もともと日本人は、電車やバスでお年寄りに座席をゆずったりするような、自分の「世間」に属していない他人にたいする、ちょっとした親切が苦手である。席をゆずったほうも、なんとなく照れてしまう。それは、「世間」がウチとソトを厳格に区別するために、ウチの人間である身内には自然に親切にできるが、ソトの人間である他人にはぎこちなくなるからだ。
 また「世間」には、「みんな同じ」という人間平等主義のオキテがあるために、独特の「ねたみそねみひがみやっかみ」意識が強い。身内に属さない「世間」のソトの人間にたいして、実名で何らかの寄付や援助をすることは、「目立つ」ことになり、それだけ「ねたみ」意識を刺激し、「出る杭は打たれる」ことになる。「伊達直人」のような匿名であれば、「ねたみ」の対象にならないから、叩かれずにすむ。だが、紗栄子さんが叩かれたのは、実名で寄付を公表する事によって、ネットで「出る杭」とみなされたからだ。
 さらにもう一つ。義援金などの寄付に「偽善と売名」というような強い抵抗感があるのは、「世間」に「贈与・互酬の関係」というオキテがあるために、「お返し」や「見返り」を期待できない「無償の贈与」が成り立ちにくいからである。
 西欧では、11・2世紀にキリスト教の普及によって、当時民衆の間にあった「贈与・互酬の関係」が否定され、「お返し」が禁止された。贈答慣行を否定するかわりに、それを神との関係に転換した。死後の救済を求める、教会への寄進はそこからはじまる。
 現世での「お返し」や「見返り」をもとめない「無償の贈与」が、西欧社会では博物館や美術館などの公共施設や、民間慈善団体などへの多額の寄付へとつながってゆく。ゲイツ氏の巨額の寄付の根底には、こうしたキリスト教の伝統がある。ところが日本では「タダより高いものはない」といわれ、「無償の贈与」がきわめて成り立ちにくい。実名での寄付が、「売名では」と勘ぐられるのはこのせいである。
 このままだと、ネットでいつ叩かれるか分からないリスクがあるため、寄付全体が萎縮しかねない。確かに「出る杭は打たれる」かもしれない。だが、アイドルグループのアンジュルムはこう唄っている。「出すぎた杭は打たれない」。いま必要なのは、この「出すぎた杭」になる勇気ではないのか。
posted by satonaoki at 12:21| NEWS