2017年05月14日

日本犯罪社会学会編『第43回大会報告要旨集』に報告要旨が出ました(2017年3月)。

2016年10月29日に、神戸市・甲南大学で開催された日本犯罪社会学会第43回大会のトークセッションで、「少年法適用年齢引下げ」というテーマで報告しました。報告者は、他に九州大学の武内謙治さん、筑波大学の土井隆義さんです。
その内容が、日本犯罪社会学会編『第43回大会報告要旨集』に掲載されています。私は世間論から少年法改正問題について、ギデンズのいう共同体=世間への<再埋め込み>という視点から報告したのですが、フロアからの発言を含めて、きわめてスリリングなトークセッションになりました。
以下のサイトから討論を含めた報告要旨全文がダウンロードできます。
http://hansha.daishodai.ac.jp/meeting_reports/index.html

なお、私の報告部分は以下の通りです。

●佐藤報告「少年法適用年齢引下げ−「世間」への<再埋め込み>をめぐって−」要旨

(1)「子ども期」の登場と保護主義の成立
ヨーロッパ中世においては、幼児期をすぎると子どもは7/8 歳で「小さな大人」(P・アリエス)と
みなされた。それは文化の伝承が文字によってではなく、声によっておこなわれたためである。これを
W・J・オングは「一次的な声の文化」と呼ぶ。
ところが12 世紀以降徐々に、文化の伝承が文字でなされるようになる(「文字の文化」)。17 世紀末に
なると、公教育の登場による「学校化」(アリエス)がはじまり、子どもへの「関心のまなざし」が強ま
って、歴史上初めて「子ども期」が登場する。
子ども期の成立を背景として、19 世紀には、子どもの刑罰軽減が刑法に詳細に規定されるようになる。
この自由主義(夜警国家)段階の刑法において子どもは、「自由意思で犯罪をおかした小さな大人」とみ
なされ、「犯罪−責任−処罰」という大人と同様の責任主義が適用された。
大きな転換は、1899 年イリノイ少年裁判所法の成立にはじまる。児童救済運動の高まりなどによって、
大人の刑事手続と分離した少年の特別な扱いが必要とされ、子どもは「環境の犠牲者としての子ども」
とみなされるようになる。帝国主義(福祉国家)段階における「評価−予防−処遇」という保護主義の
誕生である。これは、福祉国家的な刑事政策の刑事司法への介入という意味で、「処罰福祉主義」(D・
ガーランド)の成立といえる。

(2)子どもの「小さな大人」化と厳罰化
日本では1922 年に「処罰福祉主義」に基づく旧少年法が成立し、戦後の少年法に引き継がれる。だが
1980 年代以降、@高度資本主義=高度消費社会の出現による商品経済の子どもへの浸透と、A電話・テ
レビ・パソコンなどの電子メディアの普及によって、「二次的な声の文化」が復活し、あたかも中世のよ
うな子どもの「小さな大人」化が進んだ。
大きな変化は、90 年代末以降のグローバル化=新自由主義の台頭によって、自己責任論が強まり、子
どもは再び「自由意思で犯罪をおかした小さな大人」とみなされるようになったことである。97 年「神戸
連続児童殺傷事件」が厳罰化のきっかけとなり、99年「光市母子殺害事件」の死刑判決に象徴されるよ
うに、「処罰福祉主義」が後退してゆく。

(3)後期近代における「世間」への<再埋め込み>
「世間」とは何か。日本では近代化=西欧化の過程で、individual やsociety の形成が十分になされ
ず伝統的「世間」が連綿とのこった。「世間」とは、@「贈与・互酬の関係」A「身分制」B「共通の時
間意識」C「呪術性」のルールをもつ人的関係である。近代化=<脱埋め込み>(A・ギデンズ)によ
って共同体な紐帯や掟は解体していったが、「世間」という幻想の共同性が負荷的・抑圧的なものとして
強固にのこったのである。
行動の準拠点としての「みんなどうしているのだろうか」と考えることが、「世間」という幻想の共同
性が作動していることを表している。後期近代への突入による、1998〜03 年の「伝統離脱」から「伝統
志向」への保守化の動き(NHK放送文化研究所)は、西欧社会では人種・民族・宗教への<再埋め込
み>の現象として現われたものが、日本では伝統的「世間」への<再埋め込み>の現象として現われて
いることを示している。
また、若者の間で保守化が進み、友だち同士の「プレゼント」(「世間」のルール@)や「あの世、パワ
ースポットへの関心」(C)や「宿命主義」(A)といった現象(土井隆義)は、<再埋め込み>を背景
として、「小さな大人」化によって子どもの生活世界で「プチ世間」が形成されていることを示している。

(4)少年法適用年齢引下げをどう考えるか
現在急いで少年法適用年齢を引下げる理由は見当たらない。ただし犯罪率の減少が少年司法の運用の
成功を意味するかといえば、根底にあるのは、日本は先進国中犯罪率は最も低く/自殺率は最も高いと
いう、「世間」の犯罪抑止力と自殺誘発性の高さである。
さらに「幼児」「子ども/大人期」「老人期」の成立(N・ポストマン)によって、成熟した「小さな
大人」と、未熟な「大きな子ども」の混在する状況が生まれている。とすれば、むしろ成人年齢の引上
げが必要な時代といえるかもしれない。
posted by satonaoki at 08:42| NEWS