2018年10月04日

2018年9月27日、文化放送「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」に電話出演しました。

 文化放送「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」の「ニュースオフサイド」に電話出演しました(2018年9月27日)。テーマは「加害者家族の過酷な現実」。これまで犯罪加害者家族をめぐる問題については、ほとんど語られてきませんでした。加害者家族支援が、いまなぜ必要なのかについて話しました。
 番組内容は以下の通りです。
http://www.joqr.co.jp/sakidori/2018/09/27/#042319

 気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』では、加害者家族が直面する過酷な現実に迫り、支援のあり方を考えました。
 まず、電話を繋いでお話を伺ったのは、 加害者家族を支援するNPO法人「ワールド・オープン・ハート」の理事長で、 これまでに1300件以上の相談を受けてきた、阿部恭子さん。
 寄せられる相談は殺人を犯した人の家族からが最も多く、100件以上にも及ぶといいます。
「家族への影響は孫の代まで続き、結婚するとき、 祖父の犯歴が問題になるのでは、と心配する孫から相談を受けたことも。加害者家族の40%が結婚が破談になっていたり転居を迫られる。」など、理不尽な状況を話してくださいました。
 経済的に困窮するケースも多く、 近づいてきた宗教団体や霊媒師から高額な請求をされるケースも報告されているようです。
 西村志野記者は新橋で街の声をレポート。 「罪を犯した本人だけでなく、その家族まで社会的制裁を受けること」について、 「家族は関係ない」「気の毒だ」という声がほとんどでしたが、「被害者のことを考えると...」と、ハッキリ言いきれない方も多かったということでした。
 「再犯防止」「自殺防止」のためにも加害者家族の支援が必要という考えを示してくれたのが、 刑法学者で九州工業大学の名誉教授、佐藤直樹さん。
 実名報道を避け、匿名とまではいかなくても容疑者をつけずに敬称で呼ぶなどの配慮や、「ワールド・オープン・ハート」のような組織をもっと作る必要があると語ってくださいました。

 なお、以下のサイトで番組を聞くことができます。
http://firestorage.jp/download/a7d9788374958064e4227944b746ab1f2aa03d3cl4y0ylvvck
posted by satonaoki at 14:41| NEWS