2016年01月19日

「出版ニュース」(2016年1月上・中旬号)の「今年の執筆予定」に文章が掲載されました。

「出版ニュース」(2016年1月上・中旬号)の「アンケートによる今年の執筆予定」に、以下の文章が掲載されました。

「二〇一五年一二月に、やっと『犯罪の世間学−なぜ日本では略奪も暴動もおきないのか』を青弓社から
上梓することができた。ここ五年ぐらい「出します、出します」と公言し続けてきたので、これで「狼おじさん」にはならずに済む。内容は、日本では「世間」がいかに用意周到に日本人を、津々浦々にわたって支配し、その結果世界に冠たる自殺率の高さと、犯罪率の低さを誇ることになった、というお話である。
 二〇一六年には、一五年に引き続き、北海道新聞の「各自核論」に不定期で執筆予定。昨年ネットの「イミダス」でも三回にわたり、ミス・ユニバース問題やオリンピック・エンブレム問題などで発言してきたので、今年も「世間」をテーマに時事問題について発言を続けたい」
posted by satonaoki at 14:20| NEWS