2017年11月14日

「西日本新聞」(2017年10月28日)に「2017年衆院選 選択の時を終えて」が掲載されました。

2017年10月28日の「西日本新聞」に、「2017年衆院選 選択の時を終えて−世間学の立場から−」が掲載されました。
今回の総選挙の結果について、「言葉の軽さ」と「空気」という二つのキーワードを挙げて、世間論から考えてみたものです。
 内容は以下の通りです。

 ● 言葉の軽さ 「集団転向」 急速に進む政治の劣化 空気によに世間の反転 すでに〈戦時〉にあるのか

 600億円もの税金を投入し、いったいなんのための解散だったのか、最後までさっぱり分からない選挙であった。民進党の分裂による自民党の大勝、希望の党の失速、立憲民主党の大健闘、という今回の衆議院選挙。これをどう見たらよいのか。
 私は5年前に本紙(12年12月22日付)で、民主党から自民党に政権交代した総選挙について論じた際、「言葉の軽さ」と「空気」という二つのキーワードを挙げておいた。今回の総選挙の感想もこれと変わりない。しかしそれにしても、この5年間で、日本の政治のあり方の劣化が急速に進んでいると感じる。
 「言葉の軽さ」という点では、各党の「政権公約」もひどいと思うが、政治家が語る言葉が、ますます口からでまかせ・その場しのぎ・ご都合主義になっている。つまり政治家のいう事が、信じがたいほどコロコロ変わり、まったく信用できなくなっている。
 特に、公示前に小池さんと前原さんが合意して、まがりなりにもかつて政権を担当した民進党が一夜にして消滅し、希望の党に吸収合併されたのには驚いた。民進党は安保法制や改憲に反対した党のはずであるが、ここで起きたのはいわば公然たる「集団転向」である。それまでのかれらの理念政策は、いったいどこにいったのか。
 欧米の政治家がこれをやったら、一発レッドカードで政治生命を失うことになるだろう。キリスト教の強い影響下にある欧米社会では、表明された言葉は絶対であり、嘘をつくことは神にたいする「罪」になるからである。しかし、多神教的な「世間」が支配する日本では、客観的で絶対的な基準がないために、「世間」の空気が判断の基準となる。
 つまり空気が変われば、それに合わせて理念政策も変わる。しかも政治家の言葉がコロコロ変わっても、「世間」もすぐに忘れてしまい、ほとんど責任を追求されることもない。希望の党成立直後に、「世間」の空気は圧倒的に小池さん支持に傾いていた。それ故、この空気を読んだ民進党の議員は、雪崩を打って「集団転向」するしかなかったのだ。
 かくして選挙はますます、激変する「世間」の空気に左右されるようになった。希望の党支持の空気をひっくり返したのが、小池さん自身の安保法制や改憲に反対する者の「排除」発言である。オウンゴールともいうべきこの「上から目線」発言に、「世間」がドン引きして、一夜にして空気が変わり、希望の党への期待が急速にしぼんだ。
 じつは、「世間」が「上から目線」を極端に嫌うのは、そこに才能や能力の差を認めない一種の「人間平等主義」があるからである。本来対等で平等であるべき人間を、小池さんは権力でもって「排除」しようとしたと、「世間」は見なしたのだ。
 皮肉なことに、これは小池さんが自分の理念政策を貫こうとしたことで起きた。もし彼女が理念政策など度外視して、まるごと民進党を引き受けるといっていたら、おそらく「世間」は圧倒的に支持したと思う。それが反転して、判官贔屓的心理も加わり、「世間」の支持は、「排除」された側の立憲民主党に一気に流れることになったのである。
 昨今の北朝鮮のミサイル発射で、Jアラートの薄気味の悪い「空襲警報」のサイレンを聞かされるたびに私が思うのは、この国はすでに<戦時>にあるのではないかということだ。改憲勢力の大連立が、いよいよ現実味を帯びてきた。戦前の大政翼賛会体制を思い出すような選挙結果が示しているのは、まさにこの<戦時>ということではないのか。

posted by satonaoki at 10:30| NEWS