2019年09月04日

「朝日新聞」(2019年9月4日)に「世間に縛られる息苦しさ」が掲載されました。

 2019年9月4日「朝日新聞」の「耕論 ひきこもり その背景」というコーナーに、「世間に縛られる息苦しさ」との表題でインタビュー記事が掲載されました。聞き手は中村靖三郎記者。3時間ほどの取材内容を手際よくまとめています。他には、「ひきこもり名人」の勝山実さん、「当事者通信ぼそっとプロジェクト主宰」のぼそっと池井多さんが登場しています。
 内容は以下の通りです。

 九州工業大学名誉教授・現代評論家 佐藤直樹さん「世間に縛られる息苦しさ」

 日本特有の概念である「世間」を研究してきた立場から、ひきこもりの原因は世間にあると思っています。
 世間には、先輩・後輩、格上・格下などの身分を常に意識したり、「出る杭は打たれる」と言われるように異質なものを排除したりといったルールがあり、我々はがんじがらめに縛られています。そこから抑圧感や同調圧力が生まれ、ひきこもりの大きな要因になっていると言えます。古くは万葉集でも、山上憶良が「世間(よのなか)を憂しとやさしと思へども」と歌っています。
 歴史的にみると、西欧では都市化とキリスト教によって「個人」という概念が生まれ、個人が集まり「社会」ができました。日本には、明治時代に翻訳されて言葉としては入ってきましたが、本来の意味では定着せず、世間が土台に残り続けました。今でも日本に個人や社会はない、と思っています。
 他国と比べて圧倒的に犯罪が少ないのも、みんながきちょうめんに世間のルールを守るからです。一方で、自殺率が先進国の中で最悪レベルなのも、世間が生み出す同調圧力が異様に強いからです。
 さらに、ひきこもりを深刻化させているのは、世間からどう見られるかという「世間体」を家族が意識していることです。子がひきこもることを恥と考え、外に相談せず、徹底的に隠そうとする。結果としてその状況がいつまでも続く原因になっています。
 子どもの頃から「他人と違う個性的な人になりなさい」と育てられる海外とは逆に、日本では「他人に迷惑をかけない人間になりなさい」と育てられます。罪を犯すと、「親も責任を取れ」と非難され、世間にひたすら謝らないといけません。子が大人になった後もです。「ケガレの意識」から、家族ごと地域から追い出されて住めなくなる。個人がないため、親子は一体と見られ、世間と家族の境界もあいまいです。その結果、世間が家族の中にどんどん侵入してくる。
 しかも、この20年ほどで、世間の息苦しさはどんどん強まっていると感じます。元々個人なんてないのに、成果主義が広がり「競争に耐えられる強い個人になりなさい」と言われる。無理難題で、ものすごいストレスです。インターネットやスマートフォンなどの影響もあります。小学生のときからSNSなどで24時間つながることを強いられ、ネット上の匿名の関係にまで世間が肥大化しています。
 ひきこもりの苦しみから逃れるにはどうしたらいいのか。それには家族関係を見直し、親子間でも互いを個人として捉え直し、人格があると認め合うことが必要です。
 ただ、世間は千年も前から連綿と続いており、変えるのは容易ではありません。まずは自己責任論や自分が悪いと考えることを捨て、「悪いのは世間だ」と開き直ることです。そのためにも、私たちが世間に縛られているということを、認識する必要があります。(聞き手・中村靖三郎)
 1951年生まれ。専門は世間学、刑事法学。日本世間学会幹事。著書「目くじら社会の人間関係」など。
posted by satonaoki at 12:50| NEWS