2019年11月17日

「北海道新聞」(2019年11月16日)に「ひきこもり115万人の衝撃」が掲載されました。

 2019年11月16日に「北海道新聞」の「各自核論」のコーナーに、「ひきこもり115万人の衝撃 迷惑かけない思考 捨てよ」が掲載されました。
 日本に特有のひきこもりの背景には、学校にせよ職場にせよ、他国にはないような「世間」の同調圧力の強さがあることを明らかにしました。
 内容は以下の通りです。

   ひきこもり115万人の衝撃−迷惑かけない 思考捨てよ−
                                九州工業大学名誉教授 佐藤 直樹
    
 東京・練馬区で農水省の元事務次官が、長期間のひきこもりと家庭内暴力が絶えなかった息子を殺害するという、衝撃的な事件が6月におきた。その動機について元次官は、ひきこもりの男性が小学校の児童ら20人を殺傷し自殺した、5月の川崎市の通り魔事件のようになることを恐れ、「周囲に迷惑をかけたくないと思った」と供述したという。
内閣府の最新の調査によれば、ひきこもり当事者の推計数は、若年(15〜39歳)が54・1万人、中高年(40〜64歳)が61・3万人で、なんと115万人以上になるそうだ。この異常な数の多さと、「8050問題」に象徴されるひきこもりの長期化・深刻化は、日本に特有の「世間」の存在を考えないと説明がつかない、と私は思っている。
 確かに海外にもひきこもりは存在し、韓国が少し多いが、日本ほど大規模に起きている国はない。またHikikomoriは英訳できずに、そのまま英語になっている。言葉が存在しないということは、欧米では、それが特に注目されるような現象ではないからだ。
千年以上の歴史がある伝統的な「世間」は、「出る杭は打たれる」と言うように、異質なものを排除する傾向がつよく、海外では考えられない独特の同調圧力を生みだしている。これが、この国の驚異的な犯罪率の低さと、先進工業国中最悪の自殺率の高さをもたらしており、ひきこもりの大きな要因となっているのだ。
 不登校がひきこもりのきっかけともなる学校では、「ブラック校則」に代表されるように、「みんな同じ」という同調圧力がつよい。また、児童・生徒の間では、クラスのなかで「やさしい関係」を強いられ、お互い空気を読まなければならない。そして不登校は学校の問題ではなく、「発達障害」などと言われ、個人の病理の問題にされてきた。
 また職場においては、特にこの20年ぐらいの間に、「新自由主義」の台頭で成果主義が浸透し、お互い無理な競争を強いられ、うつ病や過労自殺を含む過労死が激増している。Karoshi もそのまま英語になっているが、これは欧米では、仕事は生きるためにするのであって、仕事が原因で亡くなる過労死など、およそ考えられないからである。
 学校や職場からはじかれ排除された場合、安心できる居場所となりうるのは家族しかない。ところが日本の家族は、伝統的に「世間」からつよい圧力を受け、つねに「世間体」を気にしているので、ひきこもりを「恥」と考えがちである。このため、問題を外部に相談することを躊躇する。それが、現在の長期化・深刻化をもたらしているのだ。
 私が練馬区の事件で驚いたのは、近所の住民たちの話として、「息子さんがいるなんて知らなかった」という報道があったことである。おそらく元次官は、ひきこもりの息子がいることを恥と感じ、世間体を考えて、周囲には隠しておいたのではないか。
 海外とは異なりこの国では、家族に不祥事があった場合に、「親も責任を取れ」と「世間」から非難される。そのため多くの日本人は、家庭で「人に迷惑をかけてはならない」と言われて育ってくるからである。息子殺害の動機となった、「周囲に迷惑をかけたくない」という言葉に示されているように、元次官も家庭できっとそう言われて育ち、また自分の息子にもそう言って教育してきたはずである。
 だが、私たちは大なり小なり「人に迷惑をかけて」生きている。障害者もそういう存在だし、誰だって高齢者になれば「人に迷惑をかける」存在となる。だからいま必要なのは、「人に迷惑をかけてはならない」という思考を、きっぱりと捨て去ることである。

 さとう・なおき 1951年宮城県生まれ。現代評論家。専門は世間学、現代評論、刑事法学。「日本世間学会」幹事。著書に「目くじら社会の人間関係」「犯罪の世間学」など多数。



 
posted by satonaoki at 12:16| NEWS