2020年02月22日

3月中旬に現代書館から『加害者家族バッシング−世間学から考える−』が刊行されます。

 2020年3月中旬に、新刊『加害者家族バッシング−世間学から考える−』(現代書館)が出ます。ニッポン特有の加害者家族へのひどいバッシングは、「人に迷惑をかけてはならない」などといった、「世間」の同調圧力の異様なつよさがあることを論じたものです。
 以下のサイトに本の紹介があります。
 http://www.gendaishokan.co.jp/article/A00001.htm

 内容は以下の通りです。

加害者家族バッシング
 世間学から考える

3月中旬発売予定

佐藤直樹 著
四六判変型 並製 200頁
予価1800円+税 
ISBN978-4-7684-5875-4

欧米(特にキリスト教国)では、加害者家族がバッシングされることはあり得ない。何故、日本では加害者の家族が世間からバッシングを受け、時には自死に至るまで責められるのか。本書では世間学の観点に立ち、加害者家族へのバッシングの構造を、@「世間」の構造、Aなぜ、〈近代家族〉が定着しなかったか、Bなぜ、犯罪率が低いのか、Cなぜ、自殺率が高いのか、という角度から解き明かし、その背後にある、ニッポンの「世間」の閉塞感・息苦しさ・生きづらさを解除するための手がかりを探る。

【著者紹介・担当編集者より】
1951年、仙台市生まれ。新潟大学人文学部法学科卒。新潟大学大学院修士課程修了。
九州大学大学院博士後期課程単位取得退学。
1999年、「日本世間学会」創立、初代代表幹事。九州工業大学名誉教授。

【主な目次】

はじめに――なぜ、加害者家族問題なのか
第1章 ニッポンにしかない「世間」――世間学の概要
第2章 親(家)は責任を取れ――ニッポンにおける〈近代家族〉の不在
第3章 安全・安心の国ニッポン――同調圧力のつよさとケガレ
第4章 死んでお詫びします――「高度な自己規制」の異様さ
おわりに――「自分は自分。他人は他人」と考える

なぜ加害者家族が自殺しなければいけないのか?
欧米には存在しない日本特有の概念
「世間」に抵抗できない真因を追究!






posted by satonaoki at 15:18| NEWS