2020年05月26日

「北海道新聞」(2020年5月14日)に「日本の死刑制度 内向きの「当たり前」見直せ」が掲載されました。

 2020年5月14日「北海道新聞」の「各自核論」のコーナーに「日本の死刑制度 内向きの「当たり前」見直せ」が掲載されました。
 内容は以下の通りです。
 −
 19名もの施設利用者の命が奪われ、戦後最悪の大量殺人事件となった「津久井やまゆり園」事件。3月30日に被告は弁護人の控訴を取り下げ、死刑判決が確定したが、驚くのは、判決をめぐって死刑制度の是非についての議論がほとんどなかったことだ。
 このような凶悪事件への死刑適用は当然だと考える人が多いかもしれない。だが、なぜ議論が起きないのか、私は大きな違和感をもつ。死刑事件は必ず裁判員裁判となるのだから、けっして私たちに無縁ではない。いまこそ徹底した議論が必要なのではないか。
 海外に目を転じれば、いまや死刑廃止・停止国が圧倒的多数である。EU(欧州連合)は死刑制度を廃止しないと加盟できない。OECD(経済協力開発機構)の加盟国のうち死刑制度を存置しているのは、韓国、米国、日本だけである。しかもその中で韓国は、1997年以降執行をせず停止国とみなされている。米国は約半分の州が廃止・停止している。国連等の国際機関による日本政府への廃止・停止の勧告も少なくない。
 にもかかわらず先進国の中では、この国だけが廃止・停止の気配がまるでない。2014年の内閣府の世論調査によれば、「死刑もやむをえない」が80・3%。「死刑は廃止すべきである」が9・7%である。ただしこの調査にはかなり問題があって、死刑が「やむをえない」と質問するのなら、死刑は「廃止すべき」ではなく「廃止もやむをえない」と聞くべきだ。質問自体が、死刑存置論に有利なように誘導的な内容になっているのだ。
 とはいえこの国では、他の先進国とは異なり、死刑が人々から圧倒的に支持されていることはたしかである。この圧倒的な支持の理由はいったい何なのか?
 この点できわめて興味深いのは、作家の辺見庸さんの議論である。彼はその死刑廃止論の中で、東京拘置所において、刑場の位置および死刑囚が立たされる場所が、丑寅(北東)つまり鬼門の位置にあり、それは「穢(けが)れが立つ場所」であって、これが「他の死刑存置国とはあきらかに異なるところ」だと指摘している。
 思うにこの国は、先進国の中では異様に古い文物を残している唯一の国である。葬式のさいに「清めの塩」を渡され、それを家の玄関に入る前に身体にふりかけるのは、死がケガレとみなされ、塩がそれを祓うと信じられているからだ。こうした呪術的とでもいうべき古い習慣が牢固として残っており、ふだんは意識されないが、枚挙にいとまがない。
 これと関連して私があ然としたのは、海外からの日本政府への批判に対して、2002年に森山眞弓法務大臣(当時)が、「欧州評議会オブザーバー国における司法と人権」という国際会合のなかで、死刑は日本の文化であり、「死んでお詫びをする」という慣用句にはわが国独特の、罪悪に対する感覚があるとスピーチしたことである。
 たしかにこの国で死刑制度が圧倒的に支持される背景には、こうした日本社会に固有の伝統的な考え方がある。だがはたして国際的に、「死んでお詫びをする」ことが「日本の文化」だからとして、死刑を正当化できるのか。私が危惧するのは、それは一種の「文化相対主義」を利用したものであって、あくまでも内輪向けの議論にすぎず、海外に対してはまるで説得力をもたないことだ。
 EUは死刑廃止の理由を、すべての人間には「生来尊厳が備わっており、その人格は不可侵」だからだという。これは一種の普遍主義といえる。いま、独善的な文化相対主義を捨て、死をケガレとみなすこの国の「当たり前」を再考する必要がある。

(著者紹介)さとうなおき 51年宮城県生まれ。評論家。専門は世間学、現代評論、刑事法学。「日本世間学会」幹事。近刊に「加害者家族バッシング−世間学から考える−」

posted by satonaoki at 09:32| NEWS