2020年05月26日

「読売新聞」(2020年5月21日)に「同調圧力 過剰な非難」が掲載されました。

 2020年5月21日「読売新聞」の「コロナに思う」のコーナーに、「同調圧力 過剰な非難」が掲載されました。
 内容は以下の通りです。

 感染拡大を受け、国内では多くの人が、不要不急の外出自粛や休業要請に応じてきました。罰則はないのに、なぜ従うのか? 私の答えは簡単です。日本には、欧米にない「世間」があるからです。
 私は、「世間=日本人が集団になった時に発生する力学」と定義しています。そこでは、みんな同じでないといけないという「同調圧力」がかかり、人々は行動を自主的に規制します。日本には、法律とは別の「世間のルール」があるため、罰則のない「要請」で必要十分なのです。
 ただ、こうした「世間」には、負の側面もあります。
 感染者や医療従事者、その家族を差別し、世間から排除しようとする動きが目立っています。これは、同調圧力の強さゆえでしょう。厄介なのは、新型コロナウイルスが、感染しても症状の出ない場合があることです。つまり、誰が感染しているかわからない。その不安や恐怖が、差別やバッシングを肥大化させているように思います。
 最近では、外出者や休業しないお店をSNSなどで名指しで批判する「自粛警察」と呼ばれる現象も現れました。直接、自分が迷惑を被ったわけでもないのに、世間がそれを許さないと思い込んで過剰に非難しています。この背景にも、「空気を読め」という同調圧力があるのでしょう。
 実際に非難されてみないと、世間の怖さを意識することはありません。私たちは、世間に生きていることを自覚し、そのあり方を考えてみるべきです。そうすることで、もう少し風通しのよい世界に変わっていくはずです。

posted by satonaoki at 09:38| NEWS