2018年02月12日

「北海道新聞」(2018年2月10日)に「『インスタ映え』考」が掲載されました。

 「北海道新聞」(2018年2月10日)の「各自核論」のコーナーに、「『インスタ映え』考」が掲載されました。2017年新語・流行語の年間大賞となった「インスタ映え」について、世間論から批判的に考察したものです。
 内容は以下の通りです。

   「インスタ映え」考−世間体に翻弄される日常−

   昨夏の出来事である。東京・南青山にある小洒落たカフェで、昼飯にオープン・サンドを食した。これがパンの上に肉や野菜などの具材がてんこ盛りのシロモノで、たしかに見栄えがよく美味そうにはみえた。だが、用意されたナイフやフォークは殆ど役に立たず、手づかみで食べようとしても、上の具材がボロボロこぼれてえらく食べにくい。
 おいおい。これを一体どうやって食えというのか。不思議に思ってまわりを見渡すと、お客は食べる前にスマホで、料理の写真をぱちぱち撮りまくっている。ん? この時は、腹立たしいばかりで気がつかなかったのだが、その後2017新語・流行語の年間大賞に「インスタ映え」(写真共用アプリ「インスタグラム」に投稿した写真の見栄えが良いこと)が選ばれたことで、遅ればせながらやっと分かった。
 ようするにインスタ映えのためなら、どんなに食べにくくとも(極端な場合、食べずに捨てても)べつに構わないということなのだ。若者の間では、1人なのにデートを装って飲み物を2人分注文して写真を撮るなど、「盛る」ことも当たり前らしい。いちいち目くじらを立てるような事でないのかもしれないが、私はこれに薄気味悪さを感じる。
 思うにインスタ映えの根底にあるのは、「私を見て、見て」という自己顕示欲だけでなく、自分の仲間から認められたいという強い承認欲求である。なぜなら、自分の価値の評価が、個人の内側から生まれるのではなく、もっぱら「いいね」マークの数といったような、仲間からの承認の多さで決まるからだ。
 近年パソコンやスマホの普及でネット社会が定着し、誰もがブログやツイッター等で手軽に発信できるようになった。しかも、自分の評価が数値で客観的に測定可能となったために、「いいね」を集めることが最重要課題となり、承認欲求がますます肥大化している。
 もちろん他人から認められたいという程度の事なら、昔も今も、大なり小なり誰にでもあると思う。しかし私が気になるのは、こうした承認欲求がとくに若者の間で、いまや強迫的といえるぐらいに広がっていることだ。
 たとえば、06年頃からネットなどで話題になった「便所飯」という言葉。これは、大学などの食堂で一人で昼飯を食べていると、「あいつは一緒に食べる友人がいないかわいそうなヤツだ」とまわりから思われるのがイヤで、トイレの個室で食事をすることである。一見奇妙に思えるかもしれないが、若者にとって仲間からの承認が、いかに切実な問題になっているのかがよく分かる。
 じつは若者に限らず、もともと日本人は西欧流の個人ではないために、「世間を離れては生きてゆけない」と固く信じている。それ故、「世間」からつまはじきされることを最も恐れる。また「世間」の中に自分が組み込まれて、場所を与えられることで初めて安心できる。日本人が、肩書などの社会的身分に極めて敏感なのはそのためである。
 承認とは、「世間」に自分の居場所があるということだ。その結果、つねに「世間」から承認され、評価されていないと不安になる。インスタで見栄えの良いように「盛る」のは、他人から良く評価されたいという、まさに「世間体」を考えてのことであろう。
 「世間体」に縛られているということは、それだけ「世間」からの強い同調圧力を感じているということでもある。「KY」(空気が読めない)は、07年の新語・流行語大賞にエントリーされた言葉だが、この種の同調圧力は近年ますます猛威をふるっている。インスタ映えの流行は、これに翻弄される私たちの日常そのものを象徴しているといえる。

(著者紹介)さとうなおき 51年宮城県生まれの現代評論家。専門は世間学、現代評論、刑事法学。「日本世間学会」幹事。著書に「犯罪の世間学」など多数。近著に「目くじら社会の人間関係」。






posted by satonaoki at 16:26| NEWS

2018年02月02日

「10MTVオピニオン」(2018年2月2日)というサイトで『目くじら社会の人間関係』が紹介されました。

 2018年2月2日にネットの「10MTVオピニオン」というサイトで、『目くじら社会の人間関係』が紹介されました。タイトルは、「なぜ一億総『目くじら社会』になってしまったのか」。内容は、本のコンパクトな要約になっていて、これを読めば何が書いてあるか的確に分かります。
 以下のサイトでご覧になれます。
 http://10mtv.jp/pc/column/article.php?column_article_id=1554
 
 なお内容は、以下の通りです。
− 
 このところ、謝罪会見が異様に多いと思いませんか。また、「空気を読め」という同調圧力が強く、バッシングやSNS炎上、ヘイトも頻発しています。なぜ、日本人はこんなにも目くじらを立てるようになったのでしょうか。『目くじら社会の人間関係』(佐藤直樹著、講談社)を参考に「目くじら社会」の真相に迫ります。
 著者の佐藤直樹氏は九州工業大学名誉教授で、目くじら社会と大きく関係する「世間」について研究する世間学の第一人者でもあります。1999年に日本世間学会を設立し、初代代表幹事として参画しました。著書に『なぜ日本人は世間と寝たがるのか: 空気を読む家族』(春秋社)、『「世間」の現象学』『犯罪の世間学: なぜ日本では略奪も暴動もおきないのか』(ともに青弓社)などがあります。

●1998年がターニングポイント

 佐藤氏は、「世間」の狂暴化が目くじら社会の原因になったと考えています。「世間」とは伝統的な人間関係、あるいは古いしきたりのようなもので、明治時代以降、西洋化の浸透とともにいずれは消滅していくだろうと考えられていました。ところが、1998年頃をさかいに世間は復活をとげ、逆に暴走し始めたと佐藤氏は見ています。
 1998年頃に何が起こったかというと、人々の競争を促すグローバル化と新自由主義の浸透です。この頃、規制緩和や構造改革が叫ばれ、職場には成果主義がもちこまれました。これをもって年功序列と終身雇用をベースとする日本的雇用制度は崩壊していくことになります。
 競争の激化にともなって、逆に世間の同調圧力が急に高まりました。つまり世間の逆襲です。これが目くじら社会誕生のきっかけとなりました。

●日本人が電車で席を譲れない理由

 さきほど「『世間』とは伝統的な人間関係、あるいは古いしきたりのようなもの」と伝えましたが、世間は日本だけの独特の考え方です。西洋はもちろん、お隣の韓国や中国にも世間はありません。世間と対比されるのが社会です。社会が契約関係、法の下の平等、個人主義、聖・俗の分離、実質性の重視、平等性などに基づいているのに対して、世間は贈与・互酬の関係、身分制、集団主義、聖・俗の融合、儀式の重視、排他性(ウチ・ソトの区別)に従います。
 こうして社会と世間の違いを列挙してみると、たしかに日本人は社会より世間を重視していように思えます。たとえば、個人の犯罪に対してその家族が大バッシングを受けるのは世間の集団主義が強く関係しているのでしょう。
 もっと身近な例でいえば、日本人が電車で席を譲るのが下手なのは、ウチ・ソトを厳格に区別するからです。身内には親切にできても、ソトと判断したヨソ者や赤の他人にはぎこちない対応をしてしまいます。

●生活保護受給者バッシングの真実

 生活保護受給者に対する視線が厳しいことも世間が関わっています。生活保護の受給は法の下における個人の権利です。正しい手続きのもとで受給すれば、他人からとやかく言われる筋合いはないはずです。
 ただし、日本では社会より世間が優位に置かれています。世間には抗えません。世間が敵視したものは合法だろうがなんだろうが攻撃の対象となってしまうのです。
 その他、セクハラ、少子化・晩婚化、夫婦別姓、アイドルの恋愛禁止、付き合い残業や過労死、家より会社に安心感を抱く日本人、自殺率が高いなど、日本のさまざまな社会問題に世間のルールが大きな影響を及ぼしていると佐藤氏は指摘しています。

●「やさしい世間」のための6箇条

 とはいえ、必ずしも世間が悪いというわけではありません。災害時の無法地帯で助け合いができるのは世間のおかげです。問題は、どうすれば目くじら社会を克服できるのか、ということです。それは「きびしい世間」から「やさしい世間」に転換を図ることで、「やさしい世間」を実現するために一人一人が実践できる6箇条を佐藤氏は記しています。以下、要約してお伝えします。
01:みんな一緒じゃなくてもいい。「いろんな人がいてもよい」と考える。
 個人を生かすという発想を大切にしましょうということです。日本はタテ社会だけど実はヨコ(=世間)の圧力もかなり強いのです。それに同調しないように心がけることですね。
02:他人をねたまない。他人は他人、自分は自分と考える。
 日本には独特の「ねたみ」意識があります。日本社会は表面的には平等主義を掲げながら、実態はかなり不平等な社会構造になっているため、そのねじれが「ねたみ」が発生する原因です。世間は排他性が強い点も主な特徴のひとつです。
03:つきあい残業をやめる。
 世間は共感によって成り立っています。共感といえば聞こえはいいですが、共感過剰は過労死を生みだします。01と同様に「みんな一緒じゃなくていい」のです。
04:「お返し」の過剰は控えよう
 日本には「お返し」文化があります。「お返し」は悪いことではありませんが、お中元・お歳暮や香典返しから返信メールまで、心理的負担を感じたら考えなおしたほうがいいということです。ほどほどが一番なのですね。
05:前世、聖地巡礼やパワースポット巡りが好きな人は要注意。
 いわゆるスピリチュアルものは怪しいものも少なくありません。日本人は無宗教といっても、実は信仰心はけっこうあついため信じ込みやすいといえます。あまり惑わされないように気をつけたほうがいいということです。
06:イエ意識にとらわれないようにする。
 イエとは家のことです。家族を大切に思う気持ちは大事なことですが、自分を犠牲にしてまで責任をとることはありません。とくに親の責任を過剰に考えないようにすることです。
 いかがですか。この機会に一度、世間について考えてみてはどうでしょう。

<参考文献>
『目くじら社会の人間関係』(佐藤直樹著、講談社)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062915038
<関連サイト>
佐藤直樹氏のホームページ
http://satonaoki.com/
(10MTV編集部)










posted by satonaoki at 12:37| NEWS

2018年01月19日

「AERA」(2018年1月22日号)の「一生消えぬ『殺人者の家』」という記事で、コメントが載りました。

 「AERA」(2018年1月22日号)の「一生消えぬ『殺人者の家』」という記事に、私のコメントが載りました。
 記事では、日本で犯罪加害者家族は、たとえそれが成人の犯罪であっても責任を追求され、「世間」から徹底して排除されることを指摘しています。

 内容は、以下でご覧になれます。
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00000082-sasahi-soci

 私のコメント部分は、つぎの通りです。

 ただ、加害者家族への支援は異論もあるのも確かだ。家族を奪われ、あるいは傷つけられた被害者家族の苦しみを思えば、加害者家族の支援に否定的な意見も少なくない。この点について、刑法学者で九州工業大学の佐藤直樹名誉教授は(1)再犯防止、(2)自殺・心中の予防、(3)人権の確立。この3点から、犯罪加害者の支援は必要と説く。
「日本の社会には罪を償った加害者を受け入れる余裕がなく、社会的排除は加害者の再犯の可能性を高くし、さらに加害者家族を苦しめます。また、加害者家族は自責の念から自殺を考え、心中に追い込まれることもある。罪を犯していない家族に制裁を加える社会は、人権が確立されていない社会といえます」


posted by satonaoki at 13:07| NEWS