2020年09月13日

「西日本新聞」(2020年9月9日)に「長期政権考」が掲載されました。

2020年9月9日の「西日本新聞」に「長期政権考−どんどん強まった同調圧力 政治への諦めまん延−」が掲載されました。安倍政権が長期にわたった理由として、「世間」における同調圧力が強まった結果、政治に対する諦めや無力感が社会に広まったことを指摘しました。

内容は以下の通りです。

長期政権考−安倍一強の7年8カ月− どんどん強まった同調圧力

 じつに7年8カ月の長きにわたった第2次安倍政権が終焉した。戦後政治の中でもこの政権がとりわけ異様に感じるのは、自らの権力基盤の維持のために、自分の仲間ウチへロコツな利益供与をおこない、政権への「忖度」といった「世間のルール」を発動させることで、たびたび「法のルール」を否定したり、あるいはそれをねじ曲げてきたことだ。
 例えば、財務省の公文書改ざんに関わった職員を自殺にまで追い込んだ「森友学園事件」。仲間ウチへの公金横流しというべき「加計学園事件」。公金を使っての地元支持者の大量ご招待と、内閣府による出席者名簿の廃棄疑惑の「桜を見る会」。そして極め付きは、爆発的に広がった「ツイッターデモ」で頓挫したが、仲間ウチの検事長の定年延長をもくろんだ「検察庁法改正」という、「法のルール」の否定やねじ曲げの所業の数々。
 この異様さにもかかわらず、なぜ長期にわたり政権が支持されたのか? 私の考えでは、ここ20年ぐらいの間に日本の社会では、「世間」が暴走して「保守化」が進み、「忖度しろ」とか「空気読め」といった同調圧力が、どんどん強まっているからである。
 とくに昨今の新型コロナ禍という「非常時」にあって、海外では「命令」と「罰則」による強制的な「法のルール」で対処した。だが日本では、強制的な「法のルール」によらず、「自粛」と「要請」というゆるい手段で、それなりに効果を発揮した。これで必要十分だったのは、「自粛警察」の登場に象徴されるように、自粛や要請に応じない者に対して「空気読め」という、他国にはない強い同調圧力がかけられたからである。
 もともと日本人は、万葉の時代以来の「世間」という伝統的な人間関係を残してきたために、「世間のルール」にがんじがらめに縛られてきた。これは、しばしば「法のルール」の否定やねじ曲げにつながる。コロナ感染者や医療従事者に対する苛烈な差別が頻発するのは、権利や人権などの「法のルール」が、いまだに社会に定着していないからだ。
 「社会変革(改革)」という言葉はあるが、「世間変革(改革)」という言葉はない。「世間」は所与のものと考えられており、変化を徹底して嫌う。「世間のルール」に支配されるこの国では、タレントが政治的発言をすればネットで叩かれるという、およそ他国では信じがたいことがふつうに起きる。同調圧力で、事実上「表現の自由」が奪われているのだ。そのため、政治に対する諦めや無力感が社会全体にまん延することになった。
 それ故、安倍政権がかくも長期にわたった理由は、「世間」の強い同調圧力が生みだした、政治に対する諦めや無力感にあったのではないか。この構図は今後も変わらないだろう。次期政権の有力候補は、安倍政権の路線を継承するという。まさかね。仲間ウチを優遇し、「法のルール」を否定したりねじ曲げるような愚を「継承」することはない、と信じたい。

posted by satonaoki at 13:44| NEWS

2020年8月20日に読売テレビの「かんさい情報ネットten.」にビデオ出演しました。

2020年8月20日、関西の読売テレビ「かんさい情報ネットten.」という番組にビデオ出演しました。コロナ禍における同調圧力の根底に、1000年以上続いてきた「世間」があることを指摘しました。
posted by satonaoki at 13:18| NEWS

2020年08月09日

2020年8月6日(木)午後6時30分よりNHKラジオ第一放送のニュース番組「Nらじ」に電話出演しました。

 2020年8月6日(木)午後6時30分〜50分頃に、NHKラジオ第一放送のニュース番組「Nらじ」に電話出演しました。テーマは「あいまい・不安・自粛警察 ”空気”が生み出すものは」。自粛警察が生み出される根本にある日本の同調圧力を世間論からコメントしました。
 以下で期間限定でお聴きになれます。
 https://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=4774_01_40789
posted by satonaoki at 20:49| NEWS