2021年12月30日

「毎日新聞」(2021年12月29日)の「論点」の欄に「バッシング考-根底に世間の同調圧力」が掲載されました。

2021年12月29日の「毎日新聞」(朝刊)のオピニオン面である「論点」に、「バッシング考」というテーマで、「根底に世間の同調圧力」というインタビュー記事が掲載されました。聞き手は宇田川恵記者。とくに小室さんへのバッシングの根底には「世間」があり、そこから生まれる「共感過剰シンドローム」が、人々の「迷惑をかけられた」と思い込んでしまう意識を作り上げていること、「世間」がきわめて古い歴史をもち、いまだに家意識が残っているために、結婚が家と家とのつながりと考えられていることなどを指摘しました。
このコーナーでの他の論者は、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんと、名古屋大学準教授の河西秀直哉さんです。
https://mainichi.jp/articles/20211229/ddm/004/070/009000c

内容は以下の通りです。
-
「論点・バッシング考」

「世間」評論家、佐藤直樹
 1951年生まれ。九州大助手、英国エジンバラ大客員研究員、九州工業大教授などを経て、同大名誉教授。著書に「同調圧力」(鴻上尚史氏との共著)など。=藤井太郎撮影

「根底に世間の同調圧力」

 小室圭さんへの攻撃をはじめ日本で起きているあらゆるバッシングの根底にあるのは、欧米などには存在しない「世間」であり、世間の中で強まっている「同調圧力」だと思う。
 世間とは、日本人が集団になった時に、その空間に生まれる力学的なものだ。欧州でも12世紀前後までは世間があった。だが、キリスト教が広がり、神と向き合う「個人」が生まれ、個人が集まって「社会」が作られた。社会は法というルールで支配され、世間は消えた。
 日本では1000年以上前から世間が連綿と続いている。近代化に伴い社会を作ろうとしたが世間は壊れず、世間と社会の二重構造になった。社会はあくまで建前で、世間が本音なのだ。例えば「友引」の日に葬式をしないのは世間のルールで生きているからだ。
 そんな世間には同調圧力を強める多くの問題がある。一つが「共感過剰シンドローム」だ。日本人なら終業時間がきても、同僚が仕事をしていれば帰宅しにくい。個人が確立された欧米では、あり得ないことだ。つまり日本人は自分は自分、他人は他人、と考えられない。小室さんの結婚はそもそも人ごとなのに、自分のことのように感じる。特に多くの税金が使われる可能性があるなどと知ると、自分がものすごく迷惑をかけられていると思ってしまう。
 憲法は「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」すると定めているが、世間の本音は違う。家制度の意識が強く残り、結婚は家と家とのつながりだと考える。小室さんの結婚は、ましてや天皇家にかかわる問題だ。さらに迷信や俗信が山のようにある世間では天皇制は神秘性を持ち、これを壊しかねない事態を容認できない。
 世間では家族の中も個人と個人の関係になっていない。だから小室さんは母親の金銭トラブルを「息子なら責任をとれ」と攻撃された。小室さんへのバッシングが異様だったのは、世間が抱えるあらゆる問題が噴出したからだ。
 世間を社会に変えなければいけない。だが、この約20年で逆に強固になっている。グローバル化や新自由主義が広がる中、人々は激しい競争にさらされ、首を絞め合い、寛容性を失って同調圧力は強まった。そして新型コロナウイルス禍で世間はついに暴走した。「感染した」という、それだけの理由で本人ばかりか家族まで激しく攻撃されるのは日本だけの現象だろう。その根底には「病はケガレ(悪)」という考えがある。
 世間を変えるのは簡単ではないが、地道に変えるしかない。「謎ルール」を見つけて廃止するのが一つの方法だ。例えば「夫婦(めおと)茶わん」。夫用が大きく妻用が小さいのは男尊女卑の意識があるからで、欧米人なら理解できない。
 総務省によれば、SNS(ネット交流サービス)のツイッターの匿名率は米英両国が30%台に対し、日本は約75%と突出している。実名だと世間にたたかれるから匿名となり、傍若無人になって人を自殺にまで追い込む。発言を実名にすることはまずは必要な一歩だ。【聞き手・宇田川恵】
                            
-


posted by satonaoki at 11:02| NEWS

2021年11月21日

「北海道新聞」(2021年11月21日)に阿部恭子『家族間殺人』(幻冬舎新書)の書評が掲載されました。

 2021年11月21日の「北海道新聞」に、阿部恭子『家族間殺人』(幻冬舎新書)の書評を書きました。
 内容は以下の通りです。

 どこの国でも犯罪加害者家族に対する偏見や批判はあるが、じつは日本ほど世間のひどいバッシングにさらされることはない。家族が社会的地位を失い、日常生活を奪われ、転居や転職を迫られるのは日本に特有の現象なのだ。
 そしてあまり知られていないことだが、この国では殺人の半分が家族間でおきる。家族間殺人の当事者は、加害者家族であると同時に被害者家族であるという、きわめて深刻で困難な立場に追い込まれる。
 著者は、2008年に日本で初めて加害者家族支援団体World Open Heartを設立した。本書では、直接支援に関わった「野田市小四虐待死事件」「岩手妊婦殺害・死体遺棄事件」「宮崎家族三人殺害事件」などについて、その背景や動機が丹念に解析される。
 なぜ日本の家族は殺し合うのか? 家族間殺人は昔から起きており、しかも減少傾向にあり、巷でいわれるような、日本の伝統的家族が崩壊したからではない。その根底にあるのは、「家族は仲よく、家庭は安全という世間の家族幻想と、そうあるべきという共同体の倫理観による圧力」なのだ。つまり、家族はあまりに肯定的に、ときには美化されすぎているからだという。
 また日本では、子どもが罪を犯したときに、親と子が別人格とみなされる欧米とは異なり、仮にそれが成人であっても、親が責任を取れと世間から非難される。「元農水事務次官長男刺殺事件」が典型だが、犯罪につながるような家族間の葛藤や暴力の問題があっても、世間体を考えて外部の支援組織に相談できず、家族内で抱え込んでしまう。
 圧巻なのは、後半に言及される1966年に起きたある「兄弟間殺人事件」だ。ここで著者が加害者家族の支援活動にたどり着くきっかけとなった人物との、運命的な出会いが語られる。詳しくはぜひ本書をお読みいただきたいが、淡々とした筆致で、この家族が抱える葛藤の謎が鮮やかに解かれてゆくくだりが、私にはちょっと衝撃的だったことを告白しておきたい。

posted by satonaoki at 09:36| NEWS

2021年11月20日

「東京新聞」(2021年11月20日)に杉田俊介『マジョリティ男性にとってまっとうさとは何か』の書評が掲載されました。

 2021年11月20日「東京新聞」の書評欄に、杉田俊介『マジョリティ男性にとってまっとうさとは何か』(集英社新書)の書評が掲載されました。
 内容は以下の通りです。

    男女間には「同意よりも異論を」
   
 もう耳にタコができているかもしれないが、日本のジェンダーギャップ指数はなんと156カ国中120位。だが、自戒をこめて言いたいが、大多数の男性はまるで実感がないのではないか。女性は自分が女性であることを日々意識させられるが、多数派の男性は自分が男性であることを、それほど強く意識しなくとも暮らしていけるからだ。
 著者は、いま#MeToo運動など時代の大波にさらされ、その居心地の悪さに、困惑し、戸惑っている、「迷える多数派の男たちのためのまっとうな教科書」が必要だという。それを実現した本書は、これまでのフェミニズムをめぐる様々な論争や、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『ズートピア』『ジョーカー』などの映画作品を素材に、男性たちがフェミニズムから何を学ぶべきかを、網羅的に整理し丁寧に解読する。
 論点は多岐にわたるが、現在とりわけ問題なのは、近年のグローバル化と多文化主義化によって、ジェンダー、人種・民族、障害、経済階級などの差別が交差し複合化したことで、男性の側で、自分も被害者であるとの剥奪感が強まったことだ。被害女性を「勝ち組の典型」とみなし殺害しようとした8月の「小田急線無差別刺傷事件」が象徴的だが、それが容易に女性への攻撃に転化し、アンチフェミニズム的な気分の拡大を招いている。
 ではどうすればよいのか。特筆すべきは、「一九六〇年代〜七〇年代のラディカルフェミニズムの原点(非対称な敵対性の場所)に立ち還るべきではないか」との提案だ。これは、男性と女性の間には圧倒的な非対称性が存在し、男性には加害者性の自覚が必要だということだ。
 求められているのは、#MeToo運動への訳知り顔の共感や賛同ではない。大事なのは、何よりもまず男性自身が男性問題を問い直してゆくこと。そして、男性と女性の間での、「同意ではなくむしろ異論を。対話ではなく論争を。友愛ではなく敵対を待ち望」む態度だという。いま自分の立ち位置に迷うマジョリティ男性に待望の一冊である。

〔もう一冊〕武田砂鉄『マチズモを削り取れ』(集英社)日本が、いかにとんでもない男尊女卑の国であるかがよーく分かる。

posted by satonaoki at 09:43| NEWS